TOMOSO

あせもには手間が特効薬


暑いというより、暑苦しいとか熱いとか表現したくなるような夏がやって来ました。とたんに「あせもができちゃいました。いい薬ください!」、そう言って外来を訪れる患者さんが急増です。「ハイハイ、これよく効きますよ~」と特効薬を処方できればボクも名医なのですが…。
汗は、肌にとって思いのほか“刺激物”です。厄介なことに、小さいこどもほど体重の割にからだの表面積が広く、簡単に汗まみれになってしまいます。だから、がんばってその刺激を取り除かなくてはいけません。汗ふき、肌着替え、シャワーや沐浴[もくよく]、それらを汗のたまりやすい首の谷間やしわの奥まで意識しながらこまめに繰り返すことです。塗り薬は、そうしたことがしっかりできた上で使って初めて効くのであって、汗をほったらかしのまま上塗りしても効果は期待できません。
おむつかぶれも同じこと。おしっこやうんちをしたらすぐきれいにしてもらわないと、汗と高い気温も相まっておむつの中はムレムレです。“吸収力のよい、肌ざわりの悪くない”紙おむつがクセ物です。布おむつなら、おしっこをすると気持ち悪くて赤ちゃんが泣いて知らせてすぐに交換してもらえるので、内部はいつも清潔です。紙おむつだと、排泄後も不快感が乏しいので泣いて知らせる必要もなく、なかなか交換してもらえません。肌ざわりの悪くないことが、かえって肌をいたわらない結果になってしまいがちです。
あせもにしてもおむつかぶれにしても、まず汗や排泄物の始末にできるだけ手間をかけてから、薬が本当に必要かどうか、考えてみましょう。「その前にやることがある!」、どこかで聞いたような掛け声ですが、あせもやおむつかぶれではその手間が“第一”なのです。

« 前のページに戻る

お知らせ

第8回 スポーツ医学セミナー

第8回 スポーツ医学セミナー

2022/1/15(土) 第8回 スポーツ医学セミナーを開催します。

第17回 静岡小児感染症研究会

第17回 静岡小児感染症研究会

2022/1/29(土) 第17回 静岡小児感染症研究会を開催します。

COVID-19の自宅療養者の電話診療の経験より

COVID-19の自宅療養者の電話診療の経験より

 コロナ患者への電話診療による対応(静岡市方式)の経験を、「COVID-19の自宅療養者の電話診療の経験より」としてまとめ、公開しました。

緊急事態宣言

緊急事態宣言

 新型コロナウイルス感染症の流行につき、静岡市は「緊急事態宣言」の対象区域となりましたが、第42回勉強会は予定通り、会場とオンライン配信のハイブリッド形式で開催の準備を進めています。何らかの変更がある場合には改めてお知らせします。(2021/8/22 現在)

第4回 静岡中部渡航医学セミナー

第4回 静岡中部渡航医学セミナー

2021/10/30(土) 第4回 静岡中部渡航医学セミナーを開催します。

TOMOSO セミナー
TOMOSO コラム
TOMOSO 会員募集

オフィス

一般社団法人 TOMOSO
 〒420-0853
  静岡市葵区追手町2-12  
   静岡安藤ハザマビル4階
   みな司法書士法人内
 TEL: 054-204-0455
 FAX: 054-653-0581
 MAIL: info@tomoso.or.jp