TOMOSO

新型コロナウイルス感染症 COVID-19 (20):コメンテーターの条件

 ここ約2か月でしょうか、新型コロナに関連したテレビ番組に、とてもたくさんの解説者、専門のコメンテーターの方々が登場され、中にはすっかり”コロナの顔”と言っても過言ではない頻度の出方をされている方もおられます。

 新型コロナに関するテレビ番組のコメンテーターとして駆り出される条件。あくまで私見。

①感染症の領域で専門家である
②新型コロナウイルスに関して情報を豊富に持っている
③新型コロナウイルス感染症の患者の診療経験がある/豊富

 ①~③のいずれか、あるいは複数満たしていること。現状、判明している患者数が限定的、かつお忙しいことから、③に該当していて実際にテレビでお目にかかれる先生は数えるほど。

④肩書/経歴がそれなりにある

 メディア的に、発言の信憑性が高いことを保証する要因として求められる部分ではあると思います。③の要素でもないと、研修医で駆り出されることはないでしょう。

⑤話がわかりやすい
⑥話がおもしろい(興味深い interesting)
⑦話がもっともらしい

 ⑤~⑦は、いずれか、あるいは複数満たしていることが期待されるでしょう。いずれも満たしていなかった場合は、二度と呼ばれなくなるのかも知れません。⑦は本来「話が正しい」であるべきなのですが、今は何が正解かわからない部分も大きく、評価のしようがありません。ただ、少なくともある程度は皆の合点がいく内容である必要はあり、そういう意味で「もっともらしい」。

⑧出演する時間がある

 物理的に、必須条件です、特に生放送の場合。だから、最前線で実際の患者さんを診療している先生方ほど出演が困難と思われます。

⑨トークとして、あるいはビジュアルとして、おもしろい(奇抜?滑稽? funny)

 テレビ的に絵になる、ということ。決して必要条件ではないはずです。が、この因子があると、引っ張りだこになる可能性が高まるかも知れないというだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

« 前のページに戻る

お知らせ

第8回 スポーツ医学セミナー

第8回 スポーツ医学セミナー

2022/1/15(土) 第8回 スポーツ医学セミナーを開催します。

第17回 静岡小児感染症研究会

第17回 静岡小児感染症研究会

2022/1/29(土) 第17回 静岡小児感染症研究会を開催します。

COVID-19の自宅療養者の電話診療の経験より

COVID-19の自宅療養者の電話診療の経験より

 コロナ患者への電話診療による対応(静岡市方式)の経験を、「COVID-19の自宅療養者の電話診療の経験より」としてまとめ、公開しました。

緊急事態宣言

緊急事態宣言

 新型コロナウイルス感染症の流行につき、静岡市は「緊急事態宣言」の対象区域となりましたが、第42回勉強会は予定通り、会場とオンライン配信のハイブリッド形式で開催の準備を進めています。何らかの変更がある場合には改めてお知らせします。(2021/8/22 現在)

第4回 静岡中部渡航医学セミナー

第4回 静岡中部渡航医学セミナー

2021/10/30(土) 第4回 静岡中部渡航医学セミナーを開催します。

TOMOSO セミナー
TOMOSO コラム
TOMOSO 会員募集

オフィス

一般社団法人 TOMOSO
 〒420-0853
  静岡市葵区追手町2-12  
   静岡安藤ハザマビル4階
   みな司法書士法人内
 TEL: 054-204-0455
 FAX: 054-653-0581
 MAIL: info@tomoso.or.jp