TOMOSO

新型コロナウイルス感染症 COVID-19 (20):コメンテーターの条件

 ここ約2か月でしょうか、新型コロナに関連したテレビ番組に、とてもたくさんの解説者、専門のコメンテーターの方々が登場され、中にはすっかり”コロナの顔”と言っても過言ではない頻度の出方をされている方もおられます。

 新型コロナに関するテレビ番組のコメンテーターとして駆り出される条件。あくまで私見。

①感染症の領域で専門家である
②新型コロナウイルスに関して情報を豊富に持っている
③新型コロナウイルス感染症の患者の診療経験がある/豊富

 ①~③のいずれか、あるいは複数満たしていること。現状、判明している患者数が限定的、かつお忙しいことから、③に該当していて実際にテレビでお目にかかれる先生は数えるほど。

④肩書/経歴がそれなりにある

 メディア的に、発言の信憑性が高いことを保証する要因として求められる部分ではあると思います。③の要素でもないと、研修医で駆り出されることはないでしょう。

⑤話がわかりやすい
⑥話がおもしろい(興味深い interesting)
⑦話がもっともらしい

 ⑤~⑦は、いずれか、あるいは複数満たしていることが期待されるでしょう。いずれも満たしていなかった場合は、二度と呼ばれなくなるのかも知れません。⑦は本来「話が正しい」であるべきなのですが、今は何が正解かわからない部分も大きく、評価のしようがありません。ただ、少なくともある程度は皆の合点がいく内容である必要はあり、そういう意味で「もっともらしい」。

⑧出演する時間がある

 物理的に、必須条件です、特に生放送の場合。だから、最前線で実際の患者さんを診療している先生方ほど出演が困難と思われます。

⑨トークとして、あるいはビジュアルとして、おもしろい(奇抜?滑稽? funny)

 テレビ的に絵になる、ということ。決して必要条件ではないはずです。が、この因子があると、引っ張りだこになる可能性が高まるかも知れないというだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

« 前のページに戻る

お知らせ

事務所の電話が復旧しました!

事務所の電話が復旧しました!

 不通となっておりました法人の事務所の電話(054-204-0455)が復旧いたしました。ご不便、ご迷惑をおかけしました。

事務所の電話が不通です!

事務所の電話が不通です!

 現在、法人の事務所の電話(054-204-0455)が不通となっております。お急ぎで御用のある方は、大変お手数ですが、代替番号の080-4304-7357までお電話をいただくか、メール(info@tomoso.or.jp)でご連絡いただきますよう、お願いいたします。

オンライン配信:手続きの流れと免責事項

オンライン配信:手続きの流れと免責事項

 当法人で主催いたします勉強会のオンライン配信に関連して、手続きの手順を示しました「オンライン視聴の流れ」、および「ご視聴に関わる説明と免責事項」を掲載いたしました。

第35回 勉強会

第35回 勉強会

2020/10/24(土) 第35回 勉強会を開催します。

第34回 勉強会

第34回 勉強会

2020/10/3(土) 第3回 静岡中部渡航医学セミナーを開催します。

TOMOSO セミナー
TOMOSO コラム
TOMOSO 会員募集

オフィス

一般社団法人 TOMOSO
 〒420-0853
  静岡市葵区追手町2-12  
   静岡安藤ハザマビル4階
   みな司法書士法人内
 TEL: 054-204-0455
 FAX: 054-653-0581
 MAIL: info@tomoso.or.jp